硝子体注射


Vitreous humor

硝子体注射について

新しい網膜治療である硝子体注射を行っております。硝子体注射とは、黄斑変性症の原因物質の一つであるVEGF(血管内皮増殖因子)の働きを抑える作用を持つ抗VEGF薬「(ルセンティス、アイリーアなど)を眼に注入します。
眼の中に注入することで新生血管の成長を抑え、新生血管からの滲出液や出血を止めることにより症状を改善します。

適応疾患

  • 近視性黄斑症
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫
  • 糖尿病黄斑症による黄斑浮腫

以上の疾患によって網膜の中心部である黄斑が障害されるので、視野の真ん中が影響を受けます。
進行するとものがゆがんでみえたり、見たいものが見えなくなったり、重い視力障害を生じます。

pagetop
電話予約はこちら