緑内障


glaucoma

緑内障とは

緑内障とは、目の中の神経(視神経)が障害を受けて、徐々に見える範囲(視野)が狭くなって行く病気です。我が国における失明原因の第一位を占めております。
統計では40歳以上の日本人は20人に1人が緑内障であることが分かっています。
従来は目の中の圧(眼圧)が高いことが原因と考えられていました。
しかし最近では眼圧が正常でも緑内障になってしまう正常眼圧緑内障が非常に多いことが分かってきました。

緑内障の症状

一般的に自覚症状がほとんどなく、知らないうちに進行してしまうことが多いです。視神経の障害の進行はゆっくりで、初期は視野障害があっても全く自覚しないことがほとんどです。
実際、緑内障の患者が自覚症状で気がつくのは、かなり進行してしまって視野や視力が悪化してからということも多いです。
場合によって失明することさえあります。
喪失した視野や視力を治療によって取り戻すことができません。
早期発見、早期治療が重要です。

急性の緑内障の場合は、急激に眼圧が上昇するため、頭痛や吐き気、目の痛みなど激しい症状が起こります。
このような場合すぐに眼圧を下げる治療が必要となります。

緑内障の検査

視野の測定

ゴールドマン視野計

視野(見える範囲)を調べる検査です。特殊の機械の前に座って、検査員が手動で操作し、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押します。
緑内障の進行具合を判断するために、最も重要な検査です。

自動視野計

検査員が手動で行うゴールドマン視野計と異なり、自動視野計は内蔵されたプログラムから測定する視野の広さや測定方法を選択し、機器が自動で測定します。
同じ大きさの光を、明るさを変えて点滅させ、測定する視野内の光に対する感度を調べることができます。
緑内障診断や進行状態を把握することができます。

眼圧検査

眼の硬さ(眼圧)を測定します。

眼底検査

視神経の障害の程度を判定する検査です。
正常眼に比べて、緑内障眼は視神経乳頭の陥没(へこみ)は大きく、輪郭もいびつになっています。

 

緑内障早期発見の最新機器―OCT(光干渉断層計)

初期の緑内障は視野の異常が出る前に網膜の神経線維層の障害が現れます。
OCTは神経線維層を測定できるので、緑内障の早期発見や経過観察には大変役立つ最新の機器です。

緑内障の治療

緑内障の進行を防止したり、遅らせたりするには眼圧を低くして維持する必要があります。ただし、ひとたび障害されてしまった視神経は、残念ながら回復することはありません。
治療法としては、薬物療法やレーザー治療、手術があります。多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本となります。
目薬は病状を維持するためのものです、症状が改善しないからと言ってやめてしまわず、長期的に根気よく続けて行くことが重要です。

pagetop
電話予約はこちら