白内障


Cataract

白内障の原因

目の中のレンズ(水晶体)が濁ることにより人の眼は、光がうまく透過出来なくなったり、光が乱反射して鮮明な像が結べなくなり、視力が低下して次のような症状が出ます。

  • 物がかすんで見える
  • 明るいところへ出ると眩しくて見えづらい
  • いくら調整してもメガネが合わない
  • 物がぼやけて二重に見える
 

白内障の原因は最も多いのは加齢によるものです、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。
個人差がありますが、60歳代で70%、70歳代80%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。
最近アトピー性皮膚炎や糖尿病、目の外傷や炎症などの合併症として、若い人の発症も増えています。

白内障の治療法

薬物療法 日常生活にさほど影響がない場合には、点眼薬や内服薬により白内障の進行を遅らせることができます。
しかし視力の回復と症状の改善に至らないことが多いです。
手術療法 白内障が進行して視力が低下した場合は、手術以外で元の視力を回復する手段は無いと言えます。日常生活に不自由に感じたら、手術を行います。
しかし視力の回復と症状の改善に至らないことが多いです。

白内障手術

当院では日曜日の午前、火曜日の午後に日帰り白内障手術を行います。

現在の白内障の手術方法は、超音波水晶体乳化吸引術(濁った水晶体を超音波で砕いて吸い取ります)による眼内レンズを挿入する方法です。当院では小切開超音波白内障手術を取り入れています。この術式は、わずか2mmの傷口で出来ます。手術時間も10分程度になります。

 

麻酔法について

点眼麻酔で行います。目の周りに一切注射することがありません。

当院の白内障手術の流れ

  • 12mmの小さな傷口から超音波チップという細い先を挿入し、濁った水晶体を超音波で細かく砕いて吸い取ります。
  • 2濁った水晶体が取れると水晶体を包んでいた透明な袋だけが残ります。この袋の中に、折りたたんだ眼内レンズを挿入します。
  • 3これで手術は終了です。傷口は小さく、出血もわずかです。
pagetop
電話予約はこちら