緑内障


glaucoma

緑内障について

緑内障の進行を防止したり、遅らせたりするには眼圧を低くして維持する必要があります。
ただし、ひとたび障害されてしまった視神経は、残念ながら回復することはありません。なので早期発見・早期治療が重要になります。治療法としては、薬物療法やレーザー治療、手術があります。いずれも眼圧を低下させ、視野障害の進行を止めるもしくは遅らせることで視機能の維持を図ることになります。多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本となります。

薬物療法

眼圧を下降させる点眼薬によって緑内障の進行を止めるまたは遅らせることができます。目薬は病状を維持するためのものです、症状が改善しないからと言ってやめてしまわず、長期的に根気よく続けて行くことが重要です。

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)

特殊なレーザーを眼内に照射することにより、眼圧を下降させる治療法です。点眼薬でも十分な眼圧下降が得られなかった場合に追加で施行することができます。 また、患者様の十分な理解のもと、点眼薬の代わりとして最初の治療として行うことも可能です。 合併症の危険性が非常に少なく、繰り返し行うことが可能です。 一部効果が乏しい場合があるということ、有効であった場合も2~3年で効果が減弱することが報告されており、長期的に経過観察することが必要です。

手術療法

以上の治療でも眼圧が十分に下がらず視野障害が進行する場合、手術にて眼圧下降を行います。代表的な術式に流出路再建術または濾過手術があり、本院では流出路再建術を日帰りで施行しています。

流出路再建術

線維柱帯を物理的に切開することで眼圧下降を測ります。当院にて日帰りで施行可能です。白内障と同時に施行する場合もあります。

濾過手術

新たな房水の通り道を作成することで眼圧下降を測ります。眼圧下降は強力ですが、術後のフォローも重要となります。本手術が必要と判断された場合、適切な医療機関へ紹介いたします。

閉塞隅角緑内障について

緑内障の病型の一つに閉塞隅角緑内障というのがあります。この病型の方は一部の薬(睡眠薬など)の内服に支障がある場合があります。また、この病型にも点眼治療が有効ですが、最終的には白内障手術にて閉塞した隅角を開大させる治療が必要になる場合があります。この病型の患者さんの場合、視力良好な場合でも積極的に白内障手術を勧めさせていただく場合があります。
病型の診断は診察にてすぐに判定が可能です。ご自身の病型について疑問の方は遠慮なくお尋ねください。

pagetop
電話予約はこちら お知らせ