あおば眼科/横浜市青葉区の青葉台、十日市場近くの眼科。白内障手術、緑内障、眼底疾患、眼瞼下垂、コンタクトレンズ、眼鏡処方、眼瞼けいれん

医療法人社団清恩会 あおば眼科

〒227-0055 神奈川県横浜市青葉区つつじが丘24-23
045-981-4122

医院案内

診療内容
  • 白内障
  • 多焦点眼内レンズ
  • 緑内障
  • 眼瞼下垂症手術
  • 眼瞼けいれん
  • 翼状片
  • 硝子体注射
  • オルソケラトロジー
  • コンタクトレンズ
  • お子様の近視抑制

基本情報

所在地 〒227-0055
神奈川県横浜市青葉区つつじが丘24-23
電話番号 045-981-4122
休診日 木曜日、日曜日、祝日(手術日は日曜日の午前中)
最寄駅 青葉台駅 西口から徒歩7分
駐車場 本院駐車場は眼科前に3台
隣のマンションの室内駐車場4台の無料駐車場を契約しています。
満車の場合は近所の有料パーキングでの駐車をお願いいたします。

医院風景

受付・待合室
受付・待合室
検査室・手術室
診療室・手術室

前眼部写真、眼底写真視野へとへ網膜の断層すべての画像をモニターに映し出します。また、検査画像と解析を瞬時に取り出せるので、過去の目の状態と現在との比較が視覚的に可能です。実際に目で見て症状を詳しく理解していただけます。

各種診療設備

光千渋断層計(OCT)
 
網膜レーザー治療装置
 
網膜の断層画像を撮影する装置(眼球版CT)緑内障や黄斑症など網膜診断の疾患に使う   糖尿病網膜症などの眼底出血予防、網膜剥離の予防などに使用します
     
自動視野計
 
眼底カメラ
 
緑内障診断や進行状態を把握するのに必須の機器   眼底写真を撮影する装置
     
角膜形状解析装置
 
角膜内皮細胞測定装置(スペキュラ)
 
角膜形状を精密に解析する装置。コンタクトレンズとオルソケラトロジーのフィッティング、白内障手術の前後に必須な機器   角膜の内皮細胞の細胞密度、形の異常をみつける装置白内障の手術前後、コンタクト使用者に必須な検査
     
YAGレーザー装置
 
光学式眼軸長測定装置(IOLマスター)
 
白内障術後に起こる後発白内障、緑内障治療に使うレーザー装置   眼球の長さや前眼部をひ接触にて測定する検査機器です。白内障手術治療に使用する眼内レンズの度数をより正確に算出ができます
     
オートレフケラト屈折度と
角膜曲率半径測定装置
 
非接触型眼圧計
 
眼に赤外線を当て、目の屈折状態(近視、遠視、乱視)と角膜(黒目)のカーブを(角膜曲率半径)を測定する器械   角膜に空気を瞬間的に噴射し目の硬さを調べる装置。緑内障検査に使用
     
白内障手術装置(フェイコマシーン)
 
手術用顕微鏡と手術用ベット
 
白内障手術で濁った水晶体を超音波で砕いて吸引する超音波乳化吸引装置    
     
PageTop